子供が剥げてるけど育毛剤を使っても良いの?

子供が剥げてるけど育毛剤を使っても良いの?子供が使ってよい育毛剤とNGな育毛剤について解説します。

私生活でストレスが多いと抜け毛が増えて薄毛が進行する

   

男性・女性に関わらず私生活でストレスが多いと抜け毛が増えて薄毛が進行するといわれています。

これは精神的ストレスによって自律神経やホルモンのバランスが乱れやすくなり血行不良が起きて頭皮の血流が滞ってしまい、毛根や毛髪に栄養が行き届きにくくなってしまうからです。

栄養が不足した頭髪は細く、抜けやすくなっており洗髪やブラッシングなどの日常での刺激で大量に抜けてしまうのです。これにより抜け毛や薄毛を気にするあまり精神的ストレスが生まれてしまう悪循環も起こり得ます。また悪化するとごっそりと毛髪が抜けたあとの頭皮が露出してしまっている円形脱毛症になってしまう可能性もあります。

気付いたときから対策をしていけば抜け毛を減らし、健康で豊かな頭髪を取り戻すことも可能です。

対策としてはストレスを溜めないこと、自分の力でどうしようもない事を気にしすぎないこと、忙しい毎日でもリラックスタイムを設けることです。

例えば仕事が忙しくてもせめて夜寝る前のお風呂だけはゆっくりと入るようにしましょう。血行も改善されますしまた朝お風呂に入るより夜に洗髪したほうが髪への日頃のダメージも少なくて済みます。

アルコール摂取や喫煙の習慣がある方は徐々に減らしていくことを心掛けます。これらは健康な毛髪に欠かせない成分である亜鉛を大量に消費して減少させてしまうからです。サプリメントや食事で亜鉛を摂取するようにしてみるのもいいでしょう。

亜鉛はビタミンCや動物性タンパク質といっしょに摂取すると吸収率がアップします。食べ物ならレバーや納豆、鶏のささみなどです。

また頭皮を常に清潔に保つ事は基本です。抜け毛が気になるからとしっかり頭皮を洗わないで洗髪を済ませていると毛根に溜まった皮脂が炎症を起こすなどして抜け毛を増やしてしまいます。

育毛成分の配合された育毛剤を頭皮をマッサージしながら塗布するのもいいでしょう。どうしても抜け毛が長期間減らないのなら医師に相談してみるのも手です。

 - 生活習慣